2008年08月03日

アレンネス指定工場!?

8065ca42.jpg偶々なのだろうが、前々回記事、「サイズ修正(DOWN)」に続きBERIK(アレンネス)の依頼が続き一時は4着が工房を飾っていた!まるでアレンネスの指定工場の様だf^^;)
創業以来メーカー問わず開発・製作・リペアを手掛けてきた事を考えると何も珍しい事ではないがはないが、契約も結んでいないメーカーのモノがこの短期間にこれ程続く事は記憶にない!?
ベリック等の輸入元は確かBOSCOMOTOさん、修理体制も整備しているかと思うのだが...。もちろん小さくやっているウチの様な所に有り難い話であるのだが“何故”当工房にと思う次第である。
さて、アレンネスもご存知の様に海外ブランド(メーカー)であり類に漏れず、前出記事「海外ブランド」でも書いた様に「フィット感(ジャストフィット)を重視でキツイ立体裁断」である。
そして、基本が外人体型baseなのか3着の内2着もが袖丈が長いのである。またSPIDI・DAINESE・AXO等(海外ブランド)も手掛けさせて頂いたが、多くの場合やはりその傾向が強い。
b390dc5c.jpgさて、本題に戻りこの度の作業であるが、まず「Black/Gold」は股・ふくらはぎのニット部の破損。パーツ交換となると場所が場所だけに多くのコストがかかってしまうので部分パーツ交換に。※MOTOGPに供給しているブランドであるにも関わらず何故かふくらはぎニットはケブラー素材を使っていない!?
当工房ではニット部分は基本的にケブラーニットを使用しているので、ふくらはぎに関してはパーツ交換と言うよりもパーツのグレードアップである(^^)v
55733da0.jpg次に「GREEN(Kawasaki仕様)」は袖丈・着丈のサイズ修正・「White」は袖丈のみサイズ修正(Cut)である。当工房特有?の「お節介f^^;)」から袖口にはニットを配しモディファイ(PRIDE1仕様)をお勧めした次第。しかしここで問題が(>_<)
3ca5169c.jpgPRIDE1ではストッパー付きのファスナーを使用しているのだがこれらはストッパーが付いておらずファスナー止め処理をしている。
通常のサイズ修正であればそのまま移植すればいいのだが「ニットを配しモディファイ」を施しているのでそのままの移植ではニット機能が半減してしまう(>_<)
無い知恵を絞ってファスナー部分を大きめにバラシ、挟み込んで事なきを得て、仕上がりもオリジナルより良いのではとある意味自画自賛であるf^^;)
前出のITOSHINモデルに始まって同時期に5着程(他にも1着)ですっかりアレンネス系のリペア・モディファイはお手の物!?である(^^)v

PRIDE1.JP
プライドワン.JP


pride1jp_vol2 at 02:11|この記事を表示 このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック モディファイ(後加工他) | サイズ修正(Adjust)

2008年07月29日

元祖ライムグリーン!?

678f0ea2.jpgクラッシックなレプリカの際に一番問題になるのが革の色である。
特にKawasakiライムグリーンは年代で大きく違うf^^;)
今回もスペンサーレプリカ同様1983年前後のTypeで元祖ライムグリーンと呼ぶに相応しいレトロな色である。※:HONDA(トリコロール)の場合時折赤がフラッシュレッドの場合もあるが当時と差程変わらずである。
そこでPRIDE1立ち上げ当初よりお付き合い頂いている革屋さんへ相談してみる事に!
すると「当時のカラーでお出し出来ますよ!」との事(^^)v
早速発注(初回打合せ時)で先日届いた次第である。
包みを開けてみると見事に当時のライムグリーン!!
早速依頼主さんにも「写メ」を送ると感激の返信が(^^)
さてさて革の入手完了でここからは、やはりスペンサーレプリカと同様に「AMAスーパーバイクLegends」「ROAD RIDER 2007/2」(ROAD RIDER発刊)との格闘!?(どの年式の仕様・旧LOGOType確認・トレース等)が始まる訳であるf^^;)
■関連記事
夢は叶うモノ!?
ゼッケンは"60"に決定!!


PRIDE1.JP
プライドワン.JP


pride1jp_vol2 at 13:48|この記事を表示 このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 素材 | 開発コラム

2008年07月25日

ブーツ屋さんじゃないんだけどf^^;)

8dfc6a93.jpg前々回紹介のローソンレプリカの依頼主さんがAlpinestarsのクラッシックブーツをオークションで落札との連絡が(^^)
しかし彼は格闘体型!?フクラハギが入らず....。
本来「餅は餅屋」との考えを持っている(しっかり職人である^^;)のだが、スーツのオーダーを頂いているお客様からのSOS!「一度見せて下さい」「ウチで出来ることであれば」という事でブーツ改造を受けてしまった次第であるf^^;)
3a98e008.jpgブーツ屋さんであれば当然フクラハギのサイズ伸ばしという事になるのであろうが当方はツナギやさんである。
対応できるブーツ関連部材などは有るはずもなく、手持ちの材料でと思案していると「スーツはブーツアウターですから見てくれはどうでも良いです」と!
なるほど”その手が、という事で上部をカットしてショートブーツに加工という事に(^^)


90fe7a48.jpgしかし完成品を有る意味「壊す」というのは勇気が要るモノである。
ポイントを探り躊躇しながらも思い切ってブーツをカットする。
そして問題はファスナーである。
※:ファスナーはただカットすれば良いという訳にはいかない!
俗に言う「ムシ」と呼ばれる部分を1つ1つ外していく必要がある!
コイルファスナーではない故、可能な加工でもあるのだがまぁシビレる作業であるf^^;)
そして仕上げはカット部分を革でカバー加工を施して完了(TopPhoto)である。
ツナギ屋と考えればなかなかの出来ではないかとレベルの低いところでの自画自賛である(^^)v

PRIDE1.JP
プライドワン.JP


pride1jp_vol2 at 02:21|この記事を表示 このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック モディファイ(後加工他) | etc.

2008年07月12日

夢は叶うモノ!?

97b97e69.gif先日、AMA時代のエディーローソン仕様のツナギを作りたいとの電話問い合わせ(^^) 何故(^^)というと、実は以前紹介した「スペンサー2008」の追伸に「機会があればローソンレプリカなども作ってみたいモノである(^^)」と書いていたのである! まさに「夢は叶うモノ!」 ささやかなことかも知れないが職人にとってはある種の「夢」なのである。 さて、まだ一度目の打ち合わせでDesignイメージ(Top画像)の段階であるが、「ローソン2008」がどの様に仕上がるのか"乞うご期待"である(^^)v
 ■関連記事
元祖ライムグリーン!?
ゼッケンは"60"に決定!!

PRIDE1.JP
プライドワン.JP 追記:続きを読む

pride1jp_vol2 at 16:52|この記事を表示 このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 開発コラム 

2008年06月26日

スーツ・チューンナップ byモタード


f4bd3345.jpg前回月初めに更新からあっという間に月末f^^;)
忙しさを言い訳面目ない次第である(>_<)
さて、今回は先月ご紹介した「スーツ・チューンナップ!」のモタード編である。
Motardスーツの開発を初めて早いモノで5年程(^^)
ロードレースを基本に開発してきた経緯からするとカルチャーショックに近い刺激を受けながらの開発となり、その第一弾(2005)となったのがFORZAモタード「FS-501」である。
しかし、この3年で多くのTopライダー(Moto1オールスター)を手掛け開発が急速に進み、今となっては未完成と言わざるを得ない程の進化している。
※:新しいカテゴリー故、またオンロード・オフロードライダー双方の要望が全く違うため致し方ないとご理解下さいm(__)m
0f1eb48e.jpg「スーツ・チューンナップ byモタード」は現在のノウハウを可能な限り後加工を施すモディファイである。※:当然他メーカーであっても同様である。
ロードレースと違い上半身(胸回り)上下左右に大きく動かしてのマシンコントロールが故に胸回りの可動範囲を確保するために一部シャーリング含む胸回り(脇下)を大きくカットしてゆとり分を加味しケブラーニットに交換
袖周りにゆとりを求めるライダーも多く通常の幅伸ばしではなくやはりケブラーニットを用いて腕上がり対策を施す。
27ef4423.jpgまた、モタードの場合「大腿周り」そしてCTI等の「ニーブレス」へのアジャスト等も必要な場合が多い。
※特にオフロード出身のライダーには効果が高く好評を得ている(^^)v
これに併せてワッペン・logo等を取り付けフルチューニング完了である!!
※FS-501(ノーマル)は「レーシングスーツドレスアップ」をご参照の上、比較してみて下さい。
◇Logoネーム取り付け例:010203
チューンナップ ロードレース編

PRIDE1.JP
プライドワン.JP


pride1jp_vol2 at 23:35|この記事を表示 このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック モディファイ(後加工他) | モタードスーツ

2008年06月02日

’08ロードモデル

1d5ec52a.jpgまたしても(今年もf^^;)掲載(Up)するのが遅くなってしまったが本年'08Roadモデルが完成(^^)v
デザインは、レーシーなホワイトを基調に好評のモタードデザインを取り入れ、今までの融合でしかないのだがカラーの基調が替わるとこれ程にイメージが変わるのかと些か驚いた次第である。




84317438.jpg仕様は'07のモディファイであるが特筆すべきは腿回りの補強である。
これは「ミニバイクスペシャル?」ともいえるミニバイクレースからの転倒データよりミニバイク仕様としていたモノで、ロードタイプにも採用(標準装備)にして強度アップを図った仕様である。





d8c0fa49.jpgロードタイプを全てミニバイク仕様にという訳ではないのだが、近年ミニバイクレースが盛り上がりを見せる中、練習を兼ねてミニバイクレースに出場するケースが多く見受けられる事もあり、また強度は高に越したことはないということである。
しかし、強度を上げれば「重量」が増す(場合が多い)事もあり軽量化も併せて施す仕様となった(^^)v
職人としての永遠の課題!?「強度」と「重量」のバランスは常につきまとい「知恵」を試されているかの様であるf^^;)

PRIDE1.JP
プライドワン.JP


pride1jp_vol2 at 21:18|この記事を表示 このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ロードスーツ(OnRoad) | 開発コラム

2008年05月25日

侍が世界へ!!


e87460cc.jpg本日、モタード世界選手権イタリアRoundに一人の侍「PRIDE1Rider Tommy」がチャレンジしている!!
おそらく今頃決勝レース(現地時間)、報告が待ち遠しい!
世界選手権初参戦(スポット)、慣れない海外で悪戦苦闘している様だが侍魂を見せて欲しいモノである(^^)

※:レースリポート等>>TommyBlog
レベルアップを続けるMoto1 All Stars(日本選手権)が始まって5年目、また新たな扉が開かれた(^^)v
Tommy WebSite
FIM Supermoto
日本人選手海外参戦歴(wikipedia)
※:Photo=2006年のモノです。

PRIDE1.JP
プライドワン.JP


pride1jp_vol2 at 18:39|この記事を表示 このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック News&Topic 

2008年05月19日

安い革ツナギと高い革ツナギ


d47a5411.jpg安い革ツナギと高い革ツナギはどこが違うの?と多くの方が抱く疑問であろう!
既製品開発も手掛けている立場である種「企業秘密」的な部分もあるので些か躊躇はあるが、スーツ選びの目安になればと思う次第である。
当Blogで以前より「用途に応じてチョイス」と提唱している故当然の事かとも(^^)
さて、本題である。
一番の違いは「素材」の違いである。
※どんな製品でも当然の事で言われてみると当然の話f^^;)
その中でもコストを大きく左右するのは「革(皮革)」である。
記事TopイメージはPRIDE1でも使用しているライダースーツ用の皮革(通称シュリンク)で特徴的には「艶」がありしなやか、そして使用していくと自然なシワが現れる(いわゆるアジが出る)。
それに対して安価な革ツナギには、俗に「エンボス」と呼ばれる皮革を使用している事がほとんどで、特徴としては艶・しなやかさは無いが加工のためムラが無く綺麗に見える。
強度的には当然前者に軍配が上がる。
※エンボス皮革:傷を隠すために凹凸版でプレス加工された皮革
57f8fcfa.jpg次に違いが出るのは近年多用されている主要ヶ所のニットである。
最適とされているのはケブラーニットだが「革より高い」といわれる程高価な素材である故、低価格な革ツナギにはコスト上あまり使うことが出来ず、ストレッチ素材(オペロンニット等)で代用している事が多い。
見分け方としては、ニット裏面が黄色(もしくは黄色っぽい)のがケブラーニットである。
※:ケブラーニットが万能という訳ではなく部分によってはオペロンニット等を選択しているところもある。
9336fda3.jpgそして、意外に知られていないのがインナーパットの違いである。
衝撃吸収材であるTフォームと安価なウレタンパットが代表的でスーツ価格の一部であるが原価コストにすると10倍近く変わってくる。
※:Tフォーム=NASAで開発されたテンパーフォーム。低反発パットの一種
以上の様な事でコストが変わり価格が設定されているのである。それ即ち「格安ツナギはダメ」という事では無く、例えばエンボス皮革でも当然MFJ公認のテストは最低基準ながらも合格しているので「入門クラス」の門戸を広げる重要なアイテムでもある。
やはり「用途に応じてチョイス」そして、「何故その価格」という部分を把握してチョイスすることが重要であると思う次第である。
※:各メーカー上記素材等の組み合わせでクオリティーの差別化を図りリリースしている。海外ブランドなどもあるので一概には言えないが皮革の目安として11万がボーダーラインと考えるのが間違いないところであろう(^^)

追伸:Photoイメージの差が分かりづらいが見比べて頂ければ多少の差はお分かり頂けるのではと一応アップしましたf^^;)

PRIDE1.JP
プライドワン.JP


pride1jp_vol2 at 18:06|この記事を表示 このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 素材 | コンセプト

2008年05月06日

フレディスペンサー2008

afdc0917.jpg数ヶ月前、下記の内容(抜粋)でmail問い合わせが(^^)
-------------------
早速ですが希望は
デザイン:フレディ・スペンサーがAMAスーパーバイクで1983年アメリカホンダのデザイン(HONDAのロゴもお願いします)
用途:峠、ミニサーキット走行
その他希望:現代仕様、裾はブーツアウターでお願いします。
私の体型は身長174㎝、体重65kgです。
以上でお見積りいただけますでしょうか?
-------------------
Spencer要するにスペンサーモデルを最新仕様でとの事である。
フレディースペンサーとは実に懐かし(^^)
さて、可能な限り(機能面以外)デザインを再現出来ればとROADRIDER発刊「AMAスーパーバイクLegends」「ROADRIDER 2007/2」を参考(ある種のバイブル^^;)に打ち合わせ(e-mail含む)を重ね、ついにスペンサーレプリカスーツ2008完成(^^)v


Spencer04デザインを崩さず最新機能を取り入れる事は簡単な様で実は難しい作業となるf^^;)
近年では標準装備の要所のニット機能・ディフューザ(コブ)・要所のプロテクターが基本的に存在しない当時のデザインである。

Spencer03袖ニット部分のラインはニットで切れてしまうので延長線上につながる事で処理してクリアしたモノの、厳しかったのはディフューザ部分。
コブのない場合と違って段差があるためにネームロゴに使える範囲(背丈部)が限られてしまうのである。
また、段差はあるがラインは水平に見せたいのである。
そこへネームロゴはスペンサーの様に「出来るだけ大きく」との要望も加わりネームロゴを加工する事で何とかバランスを取りまとめた次第であるf^^;)
Spencer05供給側がこんな事をと思うのだが出来上がっての感想は「しばらく飾っておきたい」だった事から至難の程をお分かり頂けるだろうか!?
職人的には「会心の出来」とクラシックデザインと最新機能の融合出来たのではと思う次第である!
フレディ・スペンサー(Wikipedia)
追伸:機会があればローソンレプリカなども作ってみたいモノである(^^)
エディ・ローソン(Wikipedia)


PRIDE1.JP
プライドワン.JP続きを読む

pride1jp_vol2 at 23:30|この記事を表示 このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック レプリカスーツ | 開発コラム

2008年04月27日

MFJ公認スーツByモタード


546aafa9.jpg開幕納期の余波でBlog更新出来ずm(__)m
さて、今回は今年からモタード基準の「MFJ公認スーツ(Top写真)」が始まった。
先日公認マーク取り付け(他メーカー)の依頼があり改めて「ロード基準」と「モタード基準」の2つの違いなども含めて書いてみようと思う次第である。
まず、モタードレースの特徴として最高速が低くライディング動作が大きい。
これにより動きやすい革ツナギが必要となり多くのメーカーがニット素材を多用する方向性が出来たと言える。
また、オフロード出身のライダーがルーズフィットなジャージウエアで育って来た経緯もあり伸縮性のない革素材への不満がある事も見逃せない。
その中で開発されたスーツは、最高速300kmオーバーを想定したMFJ公認スーツ「STANDARD(ロード基準)」を満たせるはずもない。
しかし、基準が無い中でのレース運営はライダーの安全性を確保出来ないため基準を落としてまでも今回、公認スーツの最低限の基準を確保したかったのだろうと推察する。
5a2346d8.jpg写真のスーツは今回依頼を受けたアレンネスモタードスーツである。
袖周りに大型のニットを備えスーツ中心部(ほとんど)にはジャージ素材を使っている。
もちろん「最高速が低くライディング動作が大きい。」という視点から見れば軽量化も相まってモタードスーツとしては完成度が高い様に思う。
しかし、もう一つの視点から見ると些か疑問が残ってします。
もう一つの視点とは、耐久性=耐年性と書いた方がイメージし易い!?
モタードに関わり早5年程であるがその間レーシングサービスを行い意外な事に気づく。転倒時のダメージが低いはずなのだがロードレースツナギよりもボロボロになって帰ってくるのである!
これはロードレースに比べ安価な走行代ということもあり練習頻度が圧倒的に多い。
また、オフロードセッションというハードな環境がスーツのダメージが蓄積していくのである。
確かに1転倒の耐久性は十分ではあるが使用環境を考えた時にある意味ロードレースよりも耐久性が求められる様に感じずにはいられない。
よってPRIDE1モタードスーツは当然MFJ公認スーツ「STANDARD(ロード基準)」である。
※もちろん低価格のモタード基準を割り切って使用するも入門者にとっては門戸が広がるという意味では大事なことである。
レギュレーションによる公認スーツ義務付けは、現在準備期間であるが7/1日より完全施行される。>>2008競技規則 (.pdf)
これからスーツをチョイスする際には是非参考にして頂ければと思う次第である。

PRIDE1.JP
プライドワン.JP


pride1jp_vol2 at 17:31|この記事を表示 このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック コンセプト | モタードスーツ

2008年04月02日

スーツ・チューンナップ!


aa426410.jpgここ数年、サイズ修正(調整)の依頼が多い様に思う。
サイズ修正といっても使い方によってその方向性は変わってくる。ご依頼の多くは量販店で既成ツナギ(吊し)を購入して使っているウチに不具合を感じお声がけ頂くケースが増えている。(以前は太ってしまってが大半)
PRIDE1では、レーシングサービスを長くやっている事もありサイズ修正と同時にサイズを合わせるだけではなく、依り着やすくするために+でモディファイをお勧めしている。
26dfb949.jpg今回はまさに「チューンナップ」と言えるサイズ修正である。
スーツはアレンネスさんのMADIF。
アレンネススーツはレースに特化したパターン形状と言う事もあり依頼が多いf^^;) 参照>>海外ブランド
言ってしまえばバイクに乗っている以外の部分を全く考えていないモデルと言えよう!?決してダメという訳ではなくレースシーンでは望ましい形状であり、PRIDE1でもユーザー(特にプロレーサー)の依頼によって同等の形状で製作する。
481a3593.jpgレースに特化=窮屈とまでは言わないが、サイズが合っていないと窮屈なスーツになってしまう。
それをアジャストしながらPRIDE1のコンセプトをプラスしていく事で本来の「道具」としての機能を発揮するのである。
依頼は「胸」「袖」「太腿」がキツイとの事。
44cd065f.jpgしかし、きつく感じる原因は前傾にあると考え形状を少し起こしてあげるために股部をアジャスト、袖は少しだけゆるみを持たせ丈修正と同時にPRIDE1の基本装備である手首ニットをプラス。
文字にしてしまうと簡単に見えてしまうが、そこは「ツナギ」という事ですべてがつながっているのでヶ所の割にはバラシ作業は大がかりである。
09b32a5c.jpgもちろん部分的な型紙(パターン)を作成しての作業となりバラシながら追加するパーツ(型紙)に合わせて不必要な部分をカットするなど、俗に言うサイズ修正とは違いモディファイなのである。
また、今回はほとんど新品である故どうしても慎重になってしまうf^^;)
81e18716.jpg一見ユーザーさんの依頼から外れている様だが、そこは長年レーシングサービスの経験が活きたのだろう!?下記の様に有り難いmailを頂いた次第である(^^)v
※あくまで「後加工」である故、ユーザーさんとスーツの元々のサイズ差によってはここまで持ってこれない場合もあるのだが、サイズが合わず気になりながらの走行はいかがなモノかと思うので、しょうがないと思わずご相談頂ければ(当方に限らず)いかがかな?と思う次第である。
チューンナップ モタード編
続きを読む

pride1jp_vol2 at 13:29|この記事を表示 このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック モディファイ(後加工他) | リペア(修理)

2008年03月22日

'08ライスポ5月号 No.304


19696e08.jpg3/24日発売の「'08ライスポ5月号 No.304」一足早く当工房へ(^^)v
恒例になっている「レーシングスーツ特集」&広告掲載という事でニューズ出版様より送って頂いたモノである。
革ツナギ企画「2008レーシングスーツ大特集」では各メーカーそれぞれのノウハウでリリースしているので参考にしてみてはいかがだろう!?
☆PRIDE1は"88ページ"に紹介されているので是非ご覧下さいm(__)m
☆144ページには広告も掲載されています(^^)v
さて、特集の中で職人的に目を引いたのがRS-TAICHIさんのエアーバック付きスーツ!
以前より開発しているとの情報が入っていたが、いよいよ市販かということである。
ただ、レース中の軽い転倒時の再スタートの場合などを考えてしまうと実際のレースでの普及はもう少し時間がかかるのではと....。
しかし、現段階での安全面最強であることは言えるかと思う。
※革ツナギで首を守るパーツではディフューザ(背中のコブ)を用いたネックガード以上の方法操作性を考えるとエアバックとなってしまうf^^;)
当工房では峠ライダーの方達には「hit-airのHP.Typeをスーツの上にがベストですね!」と話している。
一体化ではないが、コスト的にもリーズナブルなので1つの選択肢ではないだろうか!?
レース界は、「これで完璧!」という言葉不在で日進月歩していくモノである。
毎年この号を見て刺激を受けるのか、当工房も少なくても革ツナギの部分では最先端でありたいと改めて思う次第である!
>>エアバックTestムービー(ダイネーゼ)

PRIDE1.JP
プライドワン.JP



pride1jp_vol2 at 17:09|この記事を表示 このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Information | News&Topic
PROFILE


◇プライドワン◇
PRIDE1 Staff Blog
[Ready Made Suit]

RacingSuit開発コラム
PRIDE1.JP ==Column==
====================
LivedoorProfile
Facebook PRIDEONE.JP
Blog Ranking
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ

にほんブログ村 バイクブログ モタードへ

人気ブログランキングへ



くる天 人気ブログランキング

お帰りの際クリック
m(__)m
Blog Link


オートスタジオスキル
Blog


ウィンドジャマーズ八王子
Blog


ガレージ aZ
Blog


RIDERS CLUB
Blog

Rider's Blog
◇All JAPAN Road◇

J-GP2 #46 HOSSY


JSB #33 藤田拓哉

◇MOTO1 All Stars◇

MOTO1Pro#6 IKEYan


MOTO1Open#690シブケン
※'13復活です!


MOTO1Pro TOMMY
※休止中


MOTO1 Pro #17 "拳"


MOTO1 Open #15 TF Metzger


MOTO1 Open #8 古川選手


MOTO1 Open #5 河野選手


MOTO1 Pro #16 赤嶺選手


MOTO1 Open #6 Yoshida55


MOTO1 Open #72 Kingder


MOTO2 TAGAWA
※休止中

◇Drag Race◇

World Record Rider
Crazy TAC

◇Racing Side Car◇

#1 Team OZEKI

◇Area etc.,◇

'09,10モテローSP
Champ


Mr.Musa by DFR


Mr.Abe/Gymkhana

※カテゴリー内順不同
Archives
Web Produce
ルシータ
LUSCITA.NET
PRIDE 1Web Site
QRコード
==プライドワン.JP==
◇Mobile◇
携帯からは下記
[ QRコード]を
ご利用下さい。

Clock