開発コラム

2008年07月29日

元祖ライムグリーン!?

678f0ea2.jpgクラッシックなレプリカの際に一番問題になるのが革の色である。
特にKawasakiライムグリーンは年代で大きく違うf^^;)
今回もスペンサーレプリカ同様1983年前後のTypeで元祖ライムグリーンと呼ぶに相応しいレトロな色である。※:HONDA(トリコロール)の場合時折赤がフラッシュレッドの場合もあるが当時と差程変わらずである。
そこでPRIDE1立ち上げ当初よりお付き合い頂いている革屋さんへ相談してみる事に!
すると「当時のカラーでお出し出来ますよ!」との事(^^)v
早速発注(初回打合せ時)で先日届いた次第である。
包みを開けてみると見事に当時のライムグリーン!!
早速依頼主さんにも「写メ」を送ると感激の返信が(^^)
さてさて革の入手完了でここからは、やはりスペンサーレプリカと同様に「AMAスーパーバイクLegends」「ROAD RIDER 2007/2」(ROAD RIDER発刊)との格闘!?(どの年式の仕様・旧LOGOType確認・トレース等)が始まる訳であるf^^;)
■関連記事
夢は叶うモノ!?
ゼッケンは"60"に決定!!


PRIDE1.JP
プライドワン.JP


pride1jp_vol2 at 13:48|この記事を表示 このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年07月12日

夢は叶うモノ!?

97b97e69.gif先日、AMA時代のエディーローソン仕様のツナギを作りたいとの電話問い合わせ(^^) 何故(^^)というと、実は以前紹介した「スペンサー2008」の追伸に「機会があればローソンレプリカなども作ってみたいモノである(^^)」と書いていたのである! まさに「夢は叶うモノ!」 ささやかなことかも知れないが職人にとってはある種の「夢」なのである。 さて、まだ一度目の打ち合わせでDesignイメージ(Top画像)の段階であるが、「ローソン2008」がどの様に仕上がるのか"乞うご期待"である(^^)v
 ■関連記事
元祖ライムグリーン!?
ゼッケンは"60"に決定!!

PRIDE1.JP
プライドワン.JP 追記:続きを読む

pride1jp_vol2 at 16:52|この記事を表示 このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年06月02日

’08ロードモデル

1d5ec52a.jpgまたしても(今年もf^^;)掲載(Up)するのが遅くなってしまったが本年'08Roadモデルが完成(^^)v
デザインは、レーシーなホワイトを基調に好評のモタードデザインを取り入れ、今までの融合でしかないのだがカラーの基調が替わるとこれ程にイメージが変わるのかと些か驚いた次第である。




84317438.jpg仕様は'07のモディファイであるが特筆すべきは腿回りの補強である。
これは「ミニバイクスペシャル?」ともいえるミニバイクレースからの転倒データよりミニバイク仕様としていたモノで、ロードタイプにも採用(標準装備)にして強度アップを図った仕様である。





d8c0fa49.jpgロードタイプを全てミニバイク仕様にという訳ではないのだが、近年ミニバイクレースが盛り上がりを見せる中、練習を兼ねてミニバイクレースに出場するケースが多く見受けられる事もあり、また強度は高に越したことはないということである。
しかし、強度を上げれば「重量」が増す(場合が多い)事もあり軽量化も併せて施す仕様となった(^^)v
職人としての永遠の課題!?「強度」と「重量」のバランスは常につきまとい「知恵」を試されているかの様であるf^^;)

PRIDE1.JP
プライドワン.JP


pride1jp_vol2 at 21:18|この記事を表示 このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年05月06日

フレディスペンサー2008

afdc0917.jpg数ヶ月前、下記の内容(抜粋)でmail問い合わせが(^^)
-------------------
早速ですが希望は
デザイン:フレディ・スペンサーがAMAスーパーバイクで1983年アメリカホンダのデザイン(HONDAのロゴもお願いします)
用途:峠、ミニサーキット走行
その他希望:現代仕様、裾はブーツアウターでお願いします。
私の体型は身長174㎝、体重65kgです。
以上でお見積りいただけますでしょうか?
-------------------
Spencer要するにスペンサーモデルを最新仕様でとの事である。
フレディースペンサーとは実に懐かし(^^)
さて、可能な限り(機能面以外)デザインを再現出来ればとROADRIDER発刊「AMAスーパーバイクLegends」「ROADRIDER 2007/2」を参考(ある種のバイブル^^;)に打ち合わせ(e-mail含む)を重ね、ついにスペンサーレプリカスーツ2008完成(^^)v


Spencer04デザインを崩さず最新機能を取り入れる事は簡単な様で実は難しい作業となるf^^;)
近年では標準装備の要所のニット機能・ディフューザ(コブ)・要所のプロテクターが基本的に存在しない当時のデザインである。

Spencer03袖ニット部分のラインはニットで切れてしまうので延長線上につながる事で処理してクリアしたモノの、厳しかったのはディフューザ部分。
コブのない場合と違って段差があるためにネームロゴに使える範囲(背丈部)が限られてしまうのである。
また、段差はあるがラインは水平に見せたいのである。
そこへネームロゴはスペンサーの様に「出来るだけ大きく」との要望も加わりネームロゴを加工する事で何とかバランスを取りまとめた次第であるf^^;)
Spencer05供給側がこんな事をと思うのだが出来上がっての感想は「しばらく飾っておきたい」だった事から至難の程をお分かり頂けるだろうか!?
職人的には「会心の出来」とクラシックデザインと最新機能の融合出来たのではと思う次第である!
フレディ・スペンサー(Wikipedia)
追伸:機会があればローソンレプリカなども作ってみたいモノである(^^)
エディ・ローソン(Wikipedia)


PRIDE1.JP
プライドワン.JP続きを読む

pride1jp_vol2 at 23:30|この記事を表示 このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年03月09日

'08 Blackスペシャル


8ab5bdeb.jpgPRIDE1 '08 Black スペシャルのご紹介(^^)
基本ベース=ストリートを基本にサーキット走行にも耐えうる仕様で、'07峠スペシャルよりもサーキット色を強くしたモデルという事になる。
進化するというよりもストリートとサーキットの共存をコンセプトに開発したモデルである。

cf952a0e.jpg数年前まで「革つなぎ」といえば「レース」というイメージが強かったが近年では「走行会」というある種の文化が定着し、そのために革ツナギを装備し「せっかくあるのだから安全のために」とストリートでも着るライダーが増えたように思う!?作り手としては喜ばしい限りである(^^)v
そのためユーザーさんからの要望も多岐にわたり、レース主体のコンセプトだけでは到底網羅できないのである。
元々「開発メーカー」である当工房としてはもっとも得意な分野である。
5ccc5d2f.jpgしかし、ある意味相反する要求であるので「どちらをメーン」とユーザーさんとの打ち合わせ等が重要なことは云うまでもない。
この「'08 Black スペシャル」は将来マシンを乗り換えても困らないBlackをベースだが決して地味にならぬようにと、要所に「ゴールド」をあしらったデザイン!
ストリート革ツナギは転倒リスクはサーキットほど無い事から、ある意味「一生モノ」的なイメージがある事から、やはり飽きのこないシンプルなデザインの要望が多い様に思う。また、1色ベースのスーツにありがちな物足りなさを切り返しデザインにする事により解消!
そして、「黒ツナギ=安い」のイメージを払拭したいという思いも少なからずあり「'08 Black スペシャル」と銘々してしまった次第であるf^^;)
※ゴールド部分を「」「シルバー」「ブルー」等に変える(オーダースーツの特権^^)だけで,また違った風合いで「Blackツナギ」はお勧めである!
※PRIDE1 スーツは「ケブラーステッチ」を採用しているので意外に切り返しが映える(^^)v

PRIDE1.JP
プライドワン.JP


pride1jp_vol2 at 22:50|この記事を表示 このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年02月23日

Yassy(ヤッシー)見参


d005512f.jpg昨日、MOTO1ライダーYassy(ヤッシー)こと松本選手('06MOTO1チャンピオン)が当工房を訪れてくれた。MOTO1=モタード全日本
律儀にも手土産まで携えて頂いた。(信州善光寺七味^^)/
彼の契約する「FORZA」のライダー用を当工房が製作している関係でサイズの最終チェックにわざわざ足を運んでくれた次第である。
※YassyがPRIDE1!?と早合点しないで頂きたいf^^;)
時間的に余裕が無く「最終チェック」という事もあり「試着の写真」をe-mailで送信してもらう手筈で進めていたのだが「テスト走行のついでにそちら行きますよ!」との連絡!
これぞプロの「道具へのこだわり」だろう!!
写真・言葉では伝わらない自分の感覚等の細かいニュアンスを直接伝えに長野から来てくれたのである。
久しぶりの緊張感にワクワクする瞬間を味わえ、シーズンインにこちらもスイッチオン!そして、ふと以前NHKで見た「プロフェッショナル」で取り上げられていた「マリナーズ・イチロ−選手」を思い出した。
15年程前、岐阜県養老町にあるバット工場に自ら足を運び今のバットを探し当てそれで安打を量産しているのである。
理論的にはとても難しいバランスのバットだそうだが、決め手は持ってみての感覚で「これだ!」と思ったそうである。
やはり理屈ではない「自分の感覚」というモノが最終的に決断を促すのであろう!
そして戦う前から「勝負」は始まっている!!
プロ選手に限らずレースを志すのであれば是非「道具へのこだわり」は大事にして欲しいモノである(^^)
Yassy Web Site>>www.yassy.jp/
◆関連記事「YassyスペシャルSuit完成!!

PRIDE1.JP
プライドワン.JP


pride1jp_vol2 at 23:50|この記事を表示 このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2007年12月19日

モタードスーツ'08先行開発モデル


9106a75f.jpg先月(11/25)【Super Tarmac Daiba Round 】でのお披露目した'08モデル(Motard Suit)である。
基本デザイン(Photoの様に下半身をBlackとSilverLineでワイルド感を^^;)は継承しつつも細部に改良を施した。
本格的にモタードツナギ開発始め約4年の歳月が流れ、その集大成と言えるスーツが出来た様に思う!?
MOTO1Topライダーのツナギを手がけてきた訳だが、'06までは何かしっくりこない部分(謎!?)が最後まで消えずに試行錯誤!
941a4ffd.jpgもちろんダメだった訳でもなく当然評価は頂いていたのだが、やはり職人としては「No problem」が欲しい!特にオフロード出身ライダー(熱田選手(Photo)他)の微妙な要求に明確に答えていないであろう!?と答えが見えないもどかしさ...。(各選手Photoから読みとれる様にOff出身ライダーはアクションが大きくロードから見ると特異な部分が!?)
しかし本年初旬('07)YassyことMOTO1'06チャンピオン松本選手(Photo)との出会いからその謎の答えが明確になる事になる(^^)v
c32a9a6c.jpgシーズンイン直前、アメリカ参戦のため成田空港に向かう途中「律儀」にも工房に立ち寄ってくれ、時間の限り「使い手」と「作り手」の意見交換が実現した。
もちろんサーキットに応援を兼ねて時折赴くのだがレースに集中している選手にはどうしても遠慮が出てしまいなかなか突っ込んだ意見を聞けない!そう”職人にとってはとても貴重な時間なのである(^^)
b8d34467.jpg'08モデルの特徴は前出の「モタードスーツ」を継承するも'07シーズンのコンセプトに掲げたニットの拡大(※)に頼らずカッティング(パターン形状)を駆使して可動範囲を確保した事である。また、袖口のカットもより進化と見た目は差ほど変わらないが着てみると明らかに違うのである。
'07Suitに対する熱田選手から「すっごく良いっすよ!」とのコメントは職人として最大の賛辞でありそしてライダーと作り手の意思の疎通が行われ「確信」に変わった瞬間でもある。
※:ニット部の拡大はロードセッション転倒時のリスクをも拡大してしまう(>_<)
b61fbe62.jpgそしてその'07開発BaseSuitの進化版(下記をも加味)が'08モデル(モタード)である。
また、この4年間多く(モタードスーツ)のリペア(修理)を受けある事に気が付く!何故か!?どのスーツもロードの感覚からいうところの「ボロボロ」で帰ってくるのである。長年修理をしているが「使用期間」を考えると信じられない位ダメージが酷いのである。※ボロボロといっても穴だらけという訳ではないのだが...。
その都度「何故?」が頭をよぎり「使用環境・頻度」をイメージしてみると“なるほど”なのである!
9412c082.jpg◇走行代(練習)が安価なため走行時間がロードでは考えられない程多い。◇ダートセッションでの転倒、そして雨のダートの泥はスーツに更なるダメージを与える。◇絶対スピードが低いため転倒でのダメージ(体)も低いと考えられ、ある意味転倒(当然走行量と比例^^;)
が多い等々”故にある面ロード以上の耐久性※が必要なのだと実感する訳である。
'07までのSuitでは「動き易さ」「軽量」を重視して採用していた膝下のケブラー混素材をロードスーツ同等まで縮小し耐久性を確保する等まさに4年間の集大成かと(^^)v
※:決して安いモノではないのでPRIDE1では対応年数(耐久性も重要かと考えます。
追伸:来年('08)ロードスーツの基準から落とした形でモタード専用MFJ公認スーツが施工される予定の様だ!?しかし現在予定されている基準を聞いた限りでは使用環境・頻度(トータル的な強度)等は無視され「最高速が低いから大丈夫」的な基準であると言わざるを得ない(>_<)
※これは余談であるが、某メーカーの様に「動き易さ」「軽量」の最重視でSoft素材をふんだんに使うスーツも最高速を考えると強度的には問題ないのであろうが、やはりトータル的な耐久性には些か疑問が残る次第である!(この某スーツも基準をクリアするらしい@_@;)
PRIDE1.JP
プライドワン.JP 追記>>
続きを読む

pride1jp_vol2 at 02:17|この記事を表示 このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2007年11月02日

着脱式インナー


8061e6d6.jpg着脱式インナー=>>取り外し可能な裏地
確か1992年のWGP鈴鹿と記憶しているがある外人ライダーのレーシングスーツ(確かダイネーゼ!?)が裏地を取り外してパドックに掛けてあるではないか!?
今では多くのメーカーが採用している着脱式インナーだが、その当時はまさに「目から鱗」であった。
そして工房に戻り試行錯誤である。
今となっては当たり前の作業で何の問題もないが、その当時は強いメリットを感じるモノの手間ばかりが掛かる印象でTest的に当時の契約ライダー等、一部採用に留めていた。
dbdede4a.jpg着脱するためベルクロ・ファスナー等の取り付けそして取り外すという事はインナーすべてがユーザーの目に触れる訳で今まで必要の無かった裏側の処理も必要になるのである(>_<)
しかし、採用したスーツがリペア(修理)で預かる度に作業性の良さを痛感するのである。
しかも、しばらくすると国内メーカー(確かタイチさん!?)でも採用し始めるのだが、弱小メーカーで価格が通らず本採用に踏み切れないジレンマがあった事を思い出す次第”
その後、苦肉の策として「オプション(有料)」での供給する事にf^^;)
60228545.jpg※:現在は標準装備(^^)v
◇着脱式インナーのメリット
1)裏地のクリーニング可能で「清潔」
※カビの発生も軽減
2)リペア・ワッペン取り付けが容易で安価
3)インナー(裏地)のリペアが容易
※将来的に見て本体(革)より耐久性が無いインナーの交換も
4)パットの交換
※PRIDE1インナーはinポケット式
■当然の事ながらSuit本体ケブラーニット伸縮部にはニット等で同等の処理をしている
以上の事から、スーツ選びの際は着脱式ライダースーツをチョイスしてみてはいかがだろう!!

■着脱インナーの有効性 関連記事
レーシングスーツ ドレスアップ
シーズンオフはメンテナンスを!!
ジャストフィットの革ツナギをリーズナブルに!?
サイズ修正
見事な引き裂け
バンクセンサーベース取り付け

PRIDE1.JP
PRIDE1.JP


pride1jp_vol2 at 10:26|この記事を表示 このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2007年10月01日

インプレッション


a84187a1.jpg先日、件名=「ツナギ最高です!」
差出人を確認してみると一ヶ月程前に納めたユーザーさん(※)からのメールである。
ツナギ屋とはありがたい商売とつくづく(^_^)
買って頂いている訳なので、こちらが「ありがとうございました」なのだが、代金を頂いた上にこの様な言葉まで頂けるのである。
「職人冥利に尽きる」とはこの事!?
さて、先に書いたようにこの様な言葉は数多く頂けるのであるが何故Blogに?
そう”この方のmailにはPhoto添付に加え、ありがたい「インプレッション(※2)」まで添えてくれていたのである。
※元ハーレー乗りというツナギには縁遠い方”当然!?のことながらクラシカルなこだわりも併せ持つ方でデザイン・ネームロゴ等随所でこだわりを発揮して頂いた(^^)f0072a57.jpg
※2:インプレッション=職人がもっとも欲しい情報の一つ
20年以上も作り続けていても「フルオーダー=ユーザーさんのニーズに応える」である訳で納めた後も気になるモノf^^;)
特に近年は元祖ロードレースに加え「モタード」「ミニバイク」「峠」「ツーリング」と多種多様!?
極めた感を何度となく感じ、眠りかけていた探求心をイヤでも駆り立ててくれる環境なのである(ありがたい話だぁ〜^^;)
91536f65.jpgもちろん昔からあるカテゴリーではあるのだが以前は基本にロードレースにあったように思うが最近はそのカテゴリーに特化した仕様を求められたり、時には「ツーリングがメーンですが時にはサーキットも走ります(この度の方である)」等のニーズも多く十人十色!
時には「モタードとロード(某量販店社長^^;)」等“職人泣かせ”の要望もあるのだが...。
◇Photo協力 HIDE FACTORY

PRIDE1.JP
PRIDE1.JP◇追悼>>
続きを読む

pride1jp_vol2 at 01:29|この記事を表示 このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2007年08月28日

ポケバイスーツ

841fbb62.jpgすっかりご無沙汰してしまいm(__)m
元来「筆無精」故、一度離れてしなうとなかなかペースがつかめず、気がつけば2ヶ月以上も失礼をf^^;)
しかしその間、Suit開発(07もタード)、Web Siteのリニューアルに着手(現在Top Pageのみ)そして耐久Raceシーズンと多忙な日々にご理解をm(__)m
さて、今回はポケバイ(キッズ)スーツをクローズアップ!!
以前も触れた様に、近年盛り上がりを見せているポケバイ”
ポケットバイクという名前に反してあの車格で排気量40cc・出力2.0kw[2.7ps]/7,750rpm以上・最大トルク(無鉛ハイオク使用時)2.59N・m[0.26kgf・m]/7,000rpm(74Daijiro)・タイヤはスリックと本格的”もちろん、革ツナギ・ヘルメット他キッズとはいえ大人顔負けの装備が必要である。
774dc8e2.jpgしかし、育ち盛りのKid's故、親御さん達の悩みの種と言えばすぐに着られなくなる革つなぎである。
キッズスーツは安い物でも¥70,000前後(既製品)と決して安くはない。
PRIDE1に関して言えばKid'sとはいえオーダーである。
当然、海外生産基本の上記価格では供給出来ないジレンマ”
もちろん安全性では確実に高い物を供給出来るがそれだけでは価格の差を埋めるだけの価値観には些か足りないであろう事は明白(>_<)
6d9d1f42.jpgそこで「オーダー」の特性を最大限に活かす事で多くの指示を得ている。「オーダーの特性」とは、何か!?=「どうにでも作れる!!」
PRIDE1の答えは、成長後サイズ修正出来るスーツである。
もちろん親御さんと相談しながら2年を目安に大きめ(※)に作り、その作り込みの段階で出来るだけ容易にサイズ修正可能(※2)なスーツに仕上げるのである。(他にも成長を見越しての工夫を施す。)
これは子の親として親御さんの気持ちは痛い程分かる所からの視点に他ならない。
お蔭様で修正後に「結果安いですね!」との声を頂けている次第である。
22af5aa4.jpg
※:通常いかにフィットさせるかを重要視するスーツ作りと比べると大きめに作る事は意外に難しい”また、余裕の部分をどうするかの「裏技」的な発想も考えなければならない。
※2:通常大人(オーダーの場合)では基本的に無い、着丈・袖丈・足丈延ばしを前提の作り込みを施す。




PRIDE1.JP
PRIDE1.JP


pride1jp_vol2 at 13:50|この記事を表示 このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
PROFILE


◇プライドワン◇
PRIDE1 Staff Blog
[Ready Made Suit]

RacingSuit開発コラム
PRIDE1.JP ==Column==
====================
LivedoorProfile
Facebook PRIDEONE.JP
Blog Ranking
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ

にほんブログ村 バイクブログ モタードへ

人気ブログランキングへ



くる天 人気ブログランキング

お帰りの際クリック
m(__)m
Blog Link


オートスタジオスキル
Blog


ウィンドジャマーズ八王子
Blog


ガレージ aZ
Blog


RIDERS CLUB
Blog

Rider's Blog
◇All JAPAN Road◇

J-GP2 #46 HOSSY


JSB #33 藤田拓哉

◇MOTO1 All Stars◇

MOTO1Pro#6 IKEYan


MOTO1Open#690シブケン
※'13復活です!


MOTO1Pro TOMMY
※休止中


MOTO1 Pro #17 "拳"


MOTO1 Open #15 TF Metzger


MOTO1 Open #8 古川選手


MOTO1 Open #5 河野選手


MOTO1 Pro #16 赤嶺選手


MOTO1 Open #6 Yoshida55


MOTO1 Open #72 Kingder


MOTO2 TAGAWA
※休止中

◇Drag Race◇

World Record Rider
Crazy TAC

◇Racing Side Car◇

#1 Team OZEKI

◇Area etc.,◇

'09,10モテローSP
Champ


Mr.Musa by DFR


Mr.Abe/Gymkhana

※カテゴリー内順不同
Archives
Web Produce
ルシータ
LUSCITA.NET
PRIDE 1Web Site
QRコード
==プライドワン.JP==
◇Mobile◇
携帯からは下記
[ QRコード]を
ご利用下さい。

Clock